2020年第2回検定英検 一次試験解答速報から分かるライティング問題の傾向

5e630fb47dcbfdb5413c9202897e4ded.jpg (5026×3458)

皆さん、こんにちは。

2020年10月12日に2020年度第二回検定が実施されました。コロナが台風の中、受験お疲れ様でした。今回も解答速報をもとにライティング問題の傾向を見ていきたいと思います。

2020年度第2回検定 出題トピック一覧

※解答速報から予想した内容です。実際の出題内容とずれているかもしれません。ご了承ください。

1級 人口過多がもたらす人類への未来の脅威とは
準1級 公共の安全(public security)はもっと改善されるべきか
2級 若者は自分の将来についてもっと考えるべきか
自動翻訳が発達したら外国語を勉強しなくてもいい?
学校でお金の教育をすべき?
高齢者の生涯教育(大学入学)は普通になるか
準2級 親が子どもを美術館へ連れていくのはいいことか
伝統衣装(民族衣装)は重要か
夢を持つことは大切?
子どもの誕生日パーティをするべき?
3級 いつも使うのはどっち?自転車?電車orバス?
学校の運動会と〇〇とどっちが楽しい?
夏休みと冬休み、どっちがいい?
勉強はひとりでするのと友達と一緒のどっちがいい?

【総評】バラエティに富んだ目新しいトピック

今回はコロナを乗り越えて実施された英検だけあって気合が感じられます。

これまで出なかったような目新しいトピックがたくさんありました。

最近のトレンドも加味されていて、(笑)となるようなトピックもありました。

級別に見てみましょう。

【3級】どっちどっちシリーズ

3級 いつも使うのはどっち?自転車?電車orバス?
学校の運動会と〇〇とどっちが楽しい?
夏休みと冬休み、どっちがいい?
勉強はひとりでするのと友達と一緒のどっちがいい?

3級は今回もすべて「AとBのどちら?」パターンでした。

AとBを比較することで、比較級を使わせようという意図でしょう。

比較級をしっかり使えるようになっておくのが3級攻略には必須ですね。

土曜日βのトピックは学校の運動会と何を比較しているかわかりませんでした。(身近に3級受験者がいないので)ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

【準2級】目新しいトピック

準2級 親が子どもを美術館へ連れていくのはいいことか
伝統衣装(民族衣装)は重要か
夢を持つことは大切?
子どもの誕生日パーティをするべき?

準2級はすべてこれまであまり出題されたことがないようなトピックでした。

2次試験にも出題されそうなトピックなので、スピーキングの練習にもなりそうです。

【2級】日本の将来を見据える未来志向のトピック

2級 若者は自分の将来についてもっと考えるべきか
自動翻訳が発達したら外国語を勉強しなくてもいい?
学校でお金の教育をすべき?
高齢者の生涯教育(大学入学)は普通になるか

2級のトピックは未来志向ですごく良いな~と思いました。

6月実施の第1回検定では「人間の寿命はもっと延びると思いますか?」でした(コロナのため1日しか実施されず)

今回は、自動翻訳、電子マネー、高齢者の生涯教育、また将来について考えるべきかどうかというこれからの日本に関するトピック。学生が考えるべき問題がそろっています。

「自動翻訳機のおかげで外国を勉強しなくてもよくなるか?」は自虐的ww

【準1級】安全に関するトピック

準1級 公共の安全(public security)はもっと改善されるべきか

模範解答では、犯罪+テクノロジーの危険、が理由として使われています。

犯罪抑制として警察とボランティアによるパトロールが挙げられていますが、なんでボランティア?

ソーシャルメディアも危険視されています。英検はテクノロジーを危険なものとして扱うことが多いようです。

【1級】人口問題

1級 人口過多がもたらす人類への未来の脅威とは

overpopulationがもたらす脅威ということで、模範解答では①経済へのネガティブな影響②資源への負担③自然環境への負担、が挙げられています。ぜひもっといろんな意見が聞きたいです。

人口過多だと経済に悪い影響があるのでしょうか。現在世界人口は75億で2065年あたりに100億人に達すると言われています。The future appears bleak. なんて言われたらへこみます。明るい未来を想定した英作文を書いてみようかな。

二次試験対策はこちら

英作文の添削サービスもやっています(準1級・2級)

英検®準1級ライティング・英作文を添削します 【受験・就職に有利】満点合格多数★予想トピックとアドバイス

ランキング参加中♪


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする