【英検®2級・準1級】ライティング POINTSの効果的な使い方

strict female teacher with book pointing at scribbled blackboard 英検2級
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com
記事内に広告が含まれています。

英検®2級と準1級のライティング問題にPOINTS という項目があります。皆さんはこのPOINTSを効果的に使っていますか。

実は、POINTSを効果的に使うと、ライティングの点数がアップするだけでなく、とても書きやすくなるのです。このページでは、2級と準1級のPOINTSの使い方について解説していきましょう。

POINTSとは

POINTSとは、ライティングパートで、問題の一部としてTOPICと共に書かれている項目です。英検®2級の場合は3つ、英検®準1級の場合は4つあります。

POINTSは使わなければならないの?

POINTSは使わなければならないのでしょうか。これについては、問題文に明記してあります。

2級:使わなくてもいい 準1級:使わなければならない

2級は使わなくてもいいです。問題文に、「POINTSは理由を書く際の参考となる観点」と明記されていて、別の観点から書いてもよい、とあります。

準1級は使わなければなりません。問題文に英語で Use TWO of the POINTS below to support your answerと明記されています。かならず、POINTSからふたつ選んで英作文を書きましょう。

2級もPOINTSを活用すべき

使わなくてもいいなら、使わなくてもいいのですか。いいえ、2級もぜひPOINTSを使ったほうがいいです!というのは、POINTSは英作文のヒントなのです。POINTSを使うことによって、論点がずれる確率が大幅に減り、採点者がほしいと思っている英作文を書くことができるのです。

POINTSをうまく選んで活用すれば、ライティングスコアはぐっと伸びます。ということで、POINTSの正しい選び方・使い方について見ていきましょう。

POINTSは英作文のヒント

POINTSは英作文の難易度を上げるためにあるのではないのです。むしろ逆で、POINTSは英作文の貴重なヒントなんです。POINTSがある方が難易度が下がるのです。

例えば「普段の生活について教えてください」と言われたら、漠然としすぎて困りませんか?

しかし「食生活について」とか「家族との関わり方について」など、ポイントで質問されたら答えやすくなりませんか?

つまり、POINTSはトピックをあるポイントから、範囲を狭めて質問しているのと同じなのです。

そして、それらのポイントで考えれば具体的なイメージがわくので、与えられたポイントを理由として使えば、英作文が書きやすくなるのです。

理由が思いつかなくていつも困る人は、ぜひPOINTSを理由として活用しましょう。

POINTSの使い方

では、例題トピックを使って、POINTSの使い方を具体的に見ていきましょう。まず、予想トピック(2級)をご覧ください。

TOPIC
Do you think school rules are necessary?     
POINTS
●responsibility
●safety
●creativity

TOPICは「校則は必要か?」で、POINTSは「責任感」「安全」「創造性」の3つです。

この3つのPOINTSをどのように選べばよいでしょう?

POINTSには賛成用・反対用がある

実はPOINTSは、賛成用、反対用、両用に分類できます。

英作文は賛成か反対か、自分の意見を決めて書きますね。ですので、各サイドで使えるPOINTSが用意されています。

TOPICを読んで内容を把握したら、YES/NOか決め、それからPOINTSを見て、賛成用なのか反対用なのか、または両方で使えるのかを判断しましょう

今回の例ではPOINTSは以下のように分けられます。

●responsibility 責任感 ⇒ 両用
●safety 安全 ⇒ 賛成用
●creativity 創造性 ⇒ 反対用

賛成・反対両サイドのストーリーを考える

POINTSを分類したら、それぞれのストーリーをざっくり考えてみます

【賛成】
校則があると、責任感を養うことができる(responsibility)
生徒を危険から守ることができる(safety)
【反対】
校則は学生の創造性を殺している(creativity)
子どもはルールに頼ってしまい、責任感を養う機会を失う(responsibility)

このようにざっくり賛成・反対のストーリー展開を考え、どちらのサイドで書くかを判断します。(ここまでのステップは、頭の中でほんの数秒から1分程度で行います。)

もちろん、最初から賛成・反対を決めていてもよいのですが、POINTSから決めると例を思いつきやすくなるので、書くのが楽になります。

明確に違う理由を書くためにPOINTSは効果的

英作文に理由がふたつ必要ですが、それぞれの理由は似ていない方がよいのです。違う理由を考えるためにもPOINTSは効果的です。POINTS自体が別の角度からの視点を示したものなので、同じような理由を書くことを予防してくれるのです。

例えば、過去に実際に準1級で出題された「動物園」に関するPOINTSです。著作権上の問題で直接掲載できないので、日本語にしたものを見てください。

TOPIC 動物を動物園で飼育するのは正しい考えだと思いますか。
POINTS
動物の権利 ⇒ 反対
教育的価値 ⇒ 賛成
絶滅危惧種の保護 ⇒ 賛成
生息場所の状態 ⇒ 両方

このように、POINTS自体が多角的にトピックを解釈しているので、POINTSを利用することによって、いろいろな角度から英作文にまとめることができるのです。

まとめ

POINTS の効果的な使い方

1.POINTSを賛成用・反対用・両用に分ける

2.上記で分けたPOINTSを使って賛成・反対のストーリーをざっくり作る

3.より具体例が多く思いつく方のサイドで英作文を書く

4.理由が似通っていないか、クリアに切り分けられているかチェックする

スポンサーリンク
英検2級英検準1級
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. blue より:

    いつも、大変、勉強になる情報提供ありがとうございます。
    まとめの箇所に記載されている、理由を明確に切り分けられるらかどうかの視点は、私ができていなかったことそのものだったので、とても参考になりました。

  2. morinho より:

    blueいつもありがとうございます。
    理由の切り分け難しいですよね!1級だと理由3つですね。チャレンジです(#^.^#)

タイトルとURLをコピーしました