英検2級は12点、準1級は14点をめざそう【英検ライティング】

今日は世界が驚愕のアメリカ大統領が誕生しました。歴史が変わった日だったといつか振り返る日が来るのかもしれませんね。

ところで、日曜日は二次試験、お疲れさまでした!

二次試験の合否結果閲覧サービスは

11/15(火)15:00~(個人)

団体受験の方は14:00~です。

受験された方はあと6日間ドキドキですね。

今回の試験で、リニューアルから2回の検定が終了しました。2回の検定の結果からはっきりしたことがあります。それは、

ライティングは点数がいちばん取りやすいパートだということ。

今回検定(2016年第2回)2級一次試験のパート別正答率は以下の通りです。

【2級パート別正答率】

全受験者 合格者
Reading 約50% 約60%
Listening 約57% 約68%
Writing 約62% 約80%

明らかにライティングパートの正答率が高いです。合格者に至っては、ライティングの平均正答率が80%もあり、ライティングが合格に大きく貢献しているのは間違いありません。改めて、ライティングを制することが英検の合格に近づくことだということですね。

ライティングの素点は16点

2016年から英検はCSEスコアが採用されましたが、これは調整後の点数で、各問題の正解・不正解はスコアシートで送られてきます。このブログではこの調整前の点数を「素点」と呼んでいます。

ライティングの素点は16点で、以下の4観点が4点満点で採点されます。

【ライティング】

内容 課題で求められている内容が含まれているか 4点
構成 英文の構成や流れが分かりやすく論理的であるか 4点
語い 課題に相応しい語いを正しく使えているか 4点
文法 文構造のバリエーションやそれらを正しく使えているか 4点
合計 16点

2級の1次試験合格者の場合、ライティングの正答率が80%なので、16点中13点近くを取っているということです。準1級でもライティングで満点を取った人が少なくないようです。そう考えると、1次試験に確実に合格するためのライティングの目標は以下の通りです。

   2級:12/16点(正答率75%)

準1級:14/16点(正答率87.5%)

しっかり準備すれば可能な目標です。次の検定目指して練習していきましょう♪

2016年第3回検定は2017年1月22日。

受験受付は11月29日からです。

ランキング参加中♪


にほんブログ村

こんにちは。モリーニョです。ネット、リアル共にsocializeが苦手な英語講師。犬も大好きな猫派。通勤途中、野ガモや川鵜のファミリーに癒さ…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク