英検2級ライティング予想問題(3)テクノロジー ロボットはもっと使われる?

英検2級ライティングの頻出トピックについてご紹介しています。

過去問から予想した頻出トピックは次の4ジャンル!

教育: 語学教育、制服、校則、親子関係

環境: リサイクル、資源問題、エネルギー問題など

健康: 食生活、運動、睡眠など

テクノロジー: インターネット、携帯電話、オンラインショップ

本日は、テクノロジージャンルの予想問題とライティング例をご紹介します。

【テクノロジー】予想問題 ロボットはもっと使われる?

Topics

These days, many kinds of robots are used in various fields. Do you think more robots will be used in the future?

Points

●labor shortages

●friends

●safety

ロボットに関するトピックです。

日本は「ロボット大国」と言われています。産業ロボットだけでなく、人間型ロボットも既に様々な分野で活躍していますが、将来もっと使われるようになるでしょうか。例えば、家庭内などでも?

現状から考えて、「賛成」の立場で書くのが圧倒的に楽でしょう。なるべく具体的な例を入れるとわかりやすい文章になります。ということで、ロボットが使われそうな具体的な分野をまず考えてみました。

●hospitals, nursing homes, day care centers : as nurses or friends
病院、高齢者施設、保育所などで看護師、保育士、ともだちとして
●restaurants, hotels, retail stores : as clerks
レストラン、ホテル、小売店で店員として
●dangerous places like nuclear power plants, disaster areas : to save people
危険な場所、例えば原子力発電所や被災地で人命救助

いかがでしょうか?以上をふまえて、ライティング例を作ってみました。こちらです↓

ライティング例

I think more robots will be used in the future. There are two reasons why I think so.

First, since the Japanese population is decreasing, robots are expected to solve the problems of labor shortage. For example, more robots will work at restaurants and hotels as clerks. Also, they will work at hospitals and nursing homes as nurses and companions.

Second, robots can work in the dangerous places like disaster areas. We have many natural disasters every year. So more robots will be expected to save people.

For these reasons, more robots will be used in various fields in the future.

(100 words)

(対訳)
わたしはより多くのロボットが将来使われると思います。理由は2つあります。
ひとつめは、日本の人口はどんどん減っているので、ロボットは労働力不足を解消することを期待されています。例えば、より多くのロボットがレストランやホテルで従業員として働くでしょう。また、病院や高齢者施設では看護師やともだちとして働くでしょう。
ふたつめは、ロボットは被災地などの危険な場所で働くことができます。毎年多くの自然災害が起こっています。なので、より多くのロボットが人命を救助することを期待されるでしょう。
これらの理由により、将来様々な分野でよりロボットが使われるでしょう。

population 人口
expect to ~することを期待する
solve 解決する
a nursing home 高齢者施設
a companion 話し相手
a disaster area 災害地域

ランキング参加中♪


にほんブログ村

こんにちは。モリーニョです。ネット、リアル共にsocializeが苦手な英語講師。犬も大好きな猫派。通勤途中、野ガモや川鵜のファミリーに癒さ…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク