はじめての英検2級ライティング 対策と予想問題 公共マナーは悪化してる?

こんにちは。モリーニョです。シンプル英文ライティングブログへようこそ。

2016年度より、英検®にライティング問題が導入されました。あたえられたトピックについて、自分の意見を自由に書く、いわゆる英文エッセイです。

リスニングやリーディング問題と違い、英文エッセイは記述式で、答えがひとつではないので、問題集にもあまり丁寧な解説などはなく、自分でどのように準備すればよいか分からず困っている人も多いですね。

でもだいじょうぶ!ちょっとしたコツを学んで練習すれば、誰でも合格レベルの英文エッセイが書けるようになります。

そのためには、知っておくべきポイントがいくつかありますので、それをまとめました。

スポンサーリンク

英検2級ライティングの問題形式

・TOPICがひとつ与えられ、それについて自分の意見と理由を英語で書く。

・語数は80語~100語程度。

・POINTSとして、ヒントになるようなキーワードが3つ与えられる。POINTSは使わなくてもよいが、エッセイの内容が的外れになるのが防げるので、使うことをおすすめします。

・TOPICは、学校生活やビジネスでの最近の流行りや傾向などについて問われることが多いです。過去に出題されたTOPICは、

・オフィスでジーンズなどのカジュアルな服装はOKか?

・科学肥料を使わない農家は増えると思うか?

・親は子どものネット利用時間を制限すべきか?

採点方法は?配点は?何点とればOK?

ライティングは4つの観点から採点されます。(すべの級で共通です。)その4つの観点とは、内容・構成・語い・文法。各4点の16点満点です。

内容 4点 課題で求められている内容が含まれているか
構成 4点 文の構成や流れが分かりやすく論理的であるか
語い 4点 課題に相応しい語いを正しく使えているか
文法 4点 文構成のバリエーションやそれらを正しく使えているか
合計 16点

英検ではCSEスコアが採用されているので、実際の点数はこの16点満点のものがCSEスコアに再計算されて出されます。

2級ライティングのCSEスコアは650点満点で、どのように再計算されるかは非公開なので、よくわかりません。毎回の試験の難易度や受験者全体の出来具合などが考慮されるようです。

▼CSEスコアについては、こちらの記事も参考にどうぞ。

こんにちは。 先週金曜日(6/24)に一次試験の合否結果が発表されました。...

ブログの読者の合格者アンケートなどを見ると、合格されている方はだいたい12~13点取っているようです。4観点すべて3点以上を目指すと確実ですね。

▼合格者アンケートから分かる、英検ライティングの傾向

こんにちは! 明日は英検ですね。 というか、準会場の方は既に受験されていますね。...

何分で書けばよいか、いつ書けばよいか

英検2級は筆記テストが85分間で、そのあとにリスニング問題が24分間あります。

ライティングにかけられる時間は、個人差はもちろんありますが、20分程度ではないかと思います。上記の合格者アンケートでは、15分くらいでささっと素早く書いてしまう人も多かったです。

また、ライティングを筆記テストのどのタイミングで取り組むかは、次の2パターンに分かれるでしょう。

1.筆記テストが始まってすぐに書く

2.大問1のボキャ問題から順番にやる

どちらでももちろんよいのですが、私自身は1.筆記テストが始まってすぐ書く派です。

体力気力のある間に一気に書きあげたいのと、リスニング前に余分な負荷はかけたくないからです。

いろいろ試してみて、自分にあったタイミングを見つけてください。

どのように書けばよいか

いよいよ、書き方についてご紹介しましょう。

ライティング問題はいわゆる英文エッセイです。

エッセイというと、日本ではつらつらと自分の気持ちなどを書きつづったゆるめの文章が思い浮かびますが、英文エッセイはまったく違います。むしろかなり堅い感じの形式ばった文章です。

英文エッセイは書き方が決まっており、その形式に合わせて書かなければ良いスコアは取れません。(上記の配点の「構成」ポイントが悪くなってしまいます。)

では、英文エッセイの決まった形式とはなにかと言うと、

・Introduction(導入)

・Body(本文)

・Conclusion(まとめ)

のサンドイッチ形式で書くことです。

サンドイッチ形式とは?

まず導入部分のIntroductionで「どう考えるのか」を宣言し、

本文のBodyで「なぜそう考えるのか」の理由を述べて説明。2級では理由が2つ必要なので、Body部分で、First,… Second,…のように2つの理由を書きます。

最後にまとめのConclusionで、自分の意見をもう一度述べてダメ押しします。

すごくわかりやすい構成ですね♪

自然にこの構成でライティングが完成するテンプレートを作っています。ぜひ使ってみてください。

こんにちは。 今日は英検2級のライティングで使える便利なテンプレートをご紹介します。 ...

ここまでで、英検2級ライティングがどのようなものか理解していただけたと思いますので、予想トピックを使って書いてみましょう。

予想問題 公共の場でのマナーが悪くなってきているか?

TOPIC

Do you think that people’s manners in the public places are getting worse than before?

POINTS

● on the train

● cellphone

● education

対訳:公共の場での人々のマナーは以前より悪くなっていると思いますか?

まず、トピックの内容はきちんと理解したでしょうか?読み違えると点数が悪くなってしまうので、きっちりと内容を把握しましょう。POINTSも合わせて読むと、読み違いを防ぐことができます。

では、次の手順で書いていきましょう。

ライティングの手順

1.TOPICについてYESかNOかを決める

2.理由を2つ考える(POINTSから選ぶと楽)

3.テンプレートの形式にあてはめて書く

4.スペルミス、勘違いなどがないか読み直す

今回、わたしはYESの立場、つまり、マナーが悪くなってきている、の方で書きたいと思います。エッセイの流れは次の通り。

公共の場でのマナーが悪くなっていると思う

理由1:人々は公共の場で我が家にいるような振る舞いをする

理由2:やってはいけないことをする人が多い

だから、マナーは悪くなってきていると思う。

ライティング例はこちら!

ライティング例

I think that people’s manners in the public places are getting worse than before. There are two reasons why I think so.
First, I see many people acting as if they were at home; they are speaking loudly on their cellphones, eating food, and putting on makeup on the trains.
Second, many people do what they should not do. For example, they eat and drink in a park and leave behind garbage there.
For these reasons, I think that people’s manners in the public places are getting worse. (87語)

※太字は使用したPOINTS

対訳:

私は公共の場での人々のマナーが以前より悪くなっていると思います。それには2つ理由があります。

まず、多くの人がまるで自宅にいるかのようにふるまうのを見ます。携帯で大声で話したり、食べたり、電車で化粧をしたり。

また、すべきでないことをする人も多いです。例えば、公園で飲み食いし、ゴミを置いていったりです。

これらの理由から、わたしは人々のマナーは悪くなってきていると思います。

ランキング参加中♪


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク