日本もホームスクーリング制度を採り入れるべき?【英検準1~1級レベル英作文】

皆さん、こんにちは。

自宅でself-isolation中の方、様々な事情で通勤通学されている方、また、人々の命を救い続けてくださっている医療関係の方々、本当にありがとうございます。

私は現在自宅でself-isolation中です。そして、こんな時だからこそ以前からずっと思っていたことについて英作文を書いてみました。それはホームスクーリング制度の合法化についてです。

学校に行かず家庭で学習する。そんなホームスクーリングを日本の子どもたちも合法的に選べるようになれば、もっと笑顔になれる子どもや親が増え、様々な問題が解決するのでは?そうずっと思っているのです。

日本もホームスクーリング制度を採り入れるべき?

世界ではホームスクーリングが合法な国が多い?

コロナウイルス拡大抑制のために多くの国で学校がクローズされ、世界中の子どもたちが家庭で学習せざるをえない状況になっています。もちろんこれは異常事態ではあるのですが、実はこれまでも学校へ行かず家庭で学習する子どもたちがいました。

日本ではいじめなどの理由で学校へ行かない子どもたちがずっと社会問題化していますが、海外では積極的な理由で家庭での教育を選ぶ人たちが少数ですが存在します。こういった家庭での教育はホームスクーリングとかホームエデュケーションと呼ばれています。

私が初めてホームスクーリングの存在を知ったのはちょうど2000年頃でした。

その頃わたしは2人の幼子をかかえる若いお母さんで、英語育児にドはまりしていました。

「我が子をバイリンガルにしたい!」そんな情熱を持つママ友と一緒に、どうすれば我が子を英語が得意な子どもに育てられるか日夜研究していたのです。

ちょうどAmazonが日本に上陸してきた頃でした。それまでは超高価で、丸善にでも行かなければ手にいれられなかった洋書やアメリカのキッズ向け教材やおもちゃが低価格で簡単に買えるようになりました。

Amazon以外にも、ブッククラブなどを通じてアメリカの子ども向け教材なども購入できるようになりました。すると、そんな教材の中に親向けのホームスクーリング教材が豊富にあることに気づいたのです。

それらの教材は家庭学習用の補助的なドリルのようなものではなく、決まったカリキュラムに沿って作られた教科書のようなシステマティックなものでした。聞くところによると、トレーニングを受けた親がそれを使って、家庭で我が子に指導するためのものでした。

アメリカでは学校に行かなくても、親が家庭で教育することが合法的に認められている

これは大きな驚きでした。

ホームスクーリングが合法の国

Wikipediaによると、2020年現在、ホームスクーリングが合法または、ほぼ合法になっている国はアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなどです。

これらの国では、親がネグレクトで子どもの教育を放置しないよう、ホームスクーリングを登録制にしていたり、試験や学習記録の提出が義務付けられているところが多いです。そうすることで教育の質や子どもの権利を守っているのです。

ホームスクーリングを選ぶ理由

親がホームスクーリングを選ぶ理由は何でしょう?

当時私が聞いたのは「宗教的な理由」でした。公教育では伝えられない価値観を持つ人々がホームスクーリングを選んでいるのでした。

もうひとつよく聞いたのが「地理的な理由」です。国土が大きいアメリカでは学校に通うことが物理的に困難な人々がおり、家庭での教育を選ばざるを得ない事情があったのだと思います。

現在、ホームスクリーングが選ばれる理由は増えています。

以下はWikipediaからの引用です。

宗教的理由 35%
学校環境への懸念 21%
公教育への不信、不満 17%
今までにない教育への関心 7%
子ども自身の特別のニーズ 4%
子どもの健康問題 2%
その他 14%

理由2位になっている「学校環境への懸念」は、多発している銃乱射事件が影響しているようです。銃社会ならではの納得の理由です。

「子ども自信の特別のニーズ(Child has other special needs)」というのは、いわゆるギフテド(gifted=天賦の才のある)」のケースも多いと思われます。才能にフォーカスした教育が与えられるのはホームスクーリングのメリットのひとつです。

我が家の場合 ホームスクーリングを選べたら…

我が家でも、ホームスクーリングを選べたらなあ、と思ったことが何度かありました。

うちの子は、学校にぴったりマッチする子ではなかったんです。

はみ出してしまうことが何度かあり…

もちろん本人は学校に行きたいのですが、辛さの方が勝ってしまうと行けなくなってしまうことも何度かありました。

学校でなくてもいいんじゃないか。家で教育ができたらいいんじゃないか。

そんな風に思ってホームスクーリングについて調べてみたことがあります。

しかし、日本では合法的に学校に行かないという選択肢が今もないんですね。

いろんな理由で学校へ行っていない子どもたちは実際に存在します。

病気やケガで行けない子どもがたくさんいます。親御さんや学校の先生が大変な努力をされていることはもちろんのことですし、内部に学校機能を持つ病院もあるでしょう。しかし、教育の質がきちんと確保されているのかどうか。

不登校になってしまった子どもは、法律上は学校へ行っていることになっていて、教育の機会がただ失われているだけではないのか?そんな疑問をずっと持っています。

もし「学校以外で学ぶ子もいる」という前提で法律や教育指導要領が作られるのであれば、学校以外でそれに沿った学習を行うことは可能です。

アメリカのように指導要領準拠の家庭用学習プリントなどがあって、それをこなして、正式に卒業するという過程が取れれば、子どもも自信を持って世の中に出ていけます。学校に行かない罪悪感なんて、子どもの将来にイチミリも必要ないのですから。

パンデミック、自然災害、少子高齢化、学校教育にノーと言う子どもたち

で、ここに来て今回のパンデミックを見て、またひとつ理由が増えたと思いました。

実はこれ以前にも、ここ数年頻発している自然災害を見ても、ホームスクーリングの必要性を強く感じていたのです。

終わらない台風被害、地震など、学校に通えなくなる出来事が最近頻発しています。

また、どんどん加速する少子高齢化によって、学校運営がなりたたない地域が増えています。今後地方では、この傾向がもっと加速化していくことが考えられます。

また、新しい価値観を持ち、学校教育自体を否定しはじめた子どもたちも登場しています。

多様化する価値観と公教育の落としどころとしてのホームスクーリングは、アリではないでしょうか。

英作文 日本もホームスクーリング制度を採り入れるべき?Should Japan introduce homeschooling?

以上踏まえまして、日本もホームスクーリング制度を採り入れるべきかというトピックで英作文を書いてみました。

こんなネタ、英検に出そうにないけど、もし出るとしたら準1~1級あたりかな。

Homeschooling means children study at home instead of going to school. In many countries, homeschooling is legal, but not in Japan. I strongly suggest Japan to introduce homeschooling for several reasons.

First and foremost, homeschooling can be a solution to the issue of school refusal from children. Those children stopped going to school for many reasons due to school bullying or mental illnesses. According to researchers, every year more than a hundred thousand students choose not to go to school which leads to losing opportunities to study. The loss of education may cast a shadow on their future career. If homeschooling was authorized, they might be able to get a high quality education as other children do from going to school regularly.

The second reason would be that education at home can be positive as a method of taking preventative measures in the case of contingencies. For instance, natural disasters such as hurricanes and earthquakes, which happen frequency these days. In the affected areas, people have difficulties going to work and school. To prevent a cessation of school education, we should take advantage of technology. The authority should show guidelines for teachers and parents to secure the quality of education. Right now we are in a state of total social isolation due to the outbreak of covid-19. To protect children’s rights to learn, we should find a way to give them learning opportunities outside the classrooms.

The third reason would be that we could learn how to respect different values and beliefs by introducing homeschooling. In the era of the paradigm shift, some parents believe that standardized school education can hamper the growth of talent and personalities of their children. Those parents hope to give their children a special education at home. I believe the governments should respect their decisions and give them support because those who have new perspectives may become a trailblazer for our future.

To summarize, the introduction of homeschooling would help solve the issue of school refusal, secure children’s learning opportunities, and respect various values and beliefs of children and parents.

・school bullying いじめ ・cast a shadow on 暗い影を落とす ・authorize 認可する、正式に許可する ・preventative measures 予防策 ・contingency 万が一、不測の事態 ・cessation 休止 ・the authority=the government 政府 ・secure 確保する ・social isolation 社会的孤立 ・covid-19 新型コロナウイルス ・the paradigm shift パラダイムシフト(価値観が大きく変化すること) ・hamper 邪魔する、防げる ・trailblazer 先駆者
対訳:ホームスクーリングとは、子供たちが学校に行かずに家庭で勉強することを意味します。多くの国でホームスクーリングは合法ですが、日本ではそうではありません。私は日本がホームスクーリングを導入することを強く勧めます。

何よりもまず、ホームスクーリングは不登校児問題の解決策となります。子どもたちは学校のいじめやメンタルの問題などで不登校になっています。研究者によると、毎年10万人以上の生徒が学校に行かないことを選び、勉強する機会が失われています。教育の喪失は彼らの将来のキャリアに影を落とすかもしれません。ホームスクーリングが許されれば、他の子供たちと同じように、彼らは質の高い教育を受けることができるかもしれません。

第二の理由は、ホームスクーリングは不測の事態の予防策として効果的なことです。たとえば、最近頻繁に発生する台風や地震などの自然災害。被災地では、人々は仕事や学校に行くことが困難です。学校教育の停止を防ぐには、テクノロジーを活用するべきです。政府は、教育の質を確保するために教師と保護者のためのガイドラインを示すべきである。現在、covid-19の発生により、私たちは完全に社会的に孤立した状態にあります。子どもたちの学ぶ権利を守るために、教室外で子どもたちに学ぶ機会を与える手段を見つける必要があります。

3つ目の理由は、ホームスクーリングを導入することで、さまざまな価値観や信念を尊重する方法を学ぶことができることです。価値観が大きく変化していく時代の中で、親によっては標準化された学校教育が子供たちの才能と個性の成長を妨げる可能性があると感じでいます。そういった親たちは家庭で子供に特別な教育を与えたいと思っています。政府はそんな親の考えを尊重し、彼らにサポートを与えるべきだと私は思います。なぜなら、新しい視点を持つ彼らのような人々は、私たちの未来の先駆けになるかもしれないからです。

もう一度まとめると、ホームスクーリングの導入は不登校の問題を解決し、子供たちの学習機会を確保し、子供と親のさまざまな価値観と信念を尊重するのに役立ちます。

いかがだったでしょうか。

選択肢のひとつとして、ホームスクーリングはありではないかという提言。選択肢が多い方が、幸せになる人が多くなると思います♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする