ストップ長時間労働!のライティング例(3)英検準1級ライティング予想問題

こんにちは!

一次試験まで残り6日です。
今日は、3つ目の準1級予想問題のライティング例をご紹介します。

予想トピックは「長時間労働」についてです。こちら↓

スポンサーリンク

英検準1級予想問題

TOPIC
Do you think that companies should take measures to reduce long working hours of their employees?

POINTS
Cost
Work environment
Culture
Regulations
Suggested Length: 120-150 words

fosterさんの英作文はこちら↓

企業の長時間労働是正に賛成の英作文例

I agree with the idea that companies should take measures to reduce long working hours of their employees. I have two reasons to support my idea.

First, it is clear that the length of working hours doesn’t equal to the productivity anymore by many reports. However, there are quite a few companies who pay the wages according to the working hours. It is waste of the money and we should be more cost conscious. We should not rely on the working hours what we have spent, but the productivity what we have done within the regular working hours.

Second, these days, working culture has been changed around the world and work-life balance has been much more appreciated than before. Every single person needs their private time for their family and health (mentally and physically) aside from the work. They cannot make it if they stay too long at work.

For these reasons, I am for the idea that companies should reduce long working hours of their workers.

(167words)

fosterさん、ありがとうございました。

Yesの立場で書いてくださいました。

理由1:労働時間より生産性を重視しよう
理由2:仕事とプライベートのバランスを取ろう

全体としてトピックに沿った内容で、分かりやすく書いてくださいました。

ただ、167語は多すぎです。(準1級は、120-150語が目安)
語数オーバーで減点されてはもったいないので、簡潔な表現を目指されるとよいと思います。

生産性アップは誰にとってメリットか?

理由1は生産性についてですが、fosterさんの理由1では生産性アップが誰にとってのメリットなのかがやや分かりにくいです。

ここはトピックに沿って「企業にとってメリットがある」という方向で書くとすっきり分かりやすくなります。

残業代をカットし、生産性が上がれば、企業はより収益が上がる」とコンパクトにまとめてみました。こんな感じ↓

First, it is clear that long working hours do not mean good productivity. If the companies want to make more profit, they should cut the cost and increase the productivity by encouraging their workers to work efficiently to reduce their excessive overtime work.

・excessive 過度の

企業と労働者のwin-winにもっていくことも可能

理由2のワークバランスについても、ダイレクトな表現に欠けているように思います。

企業が法定労働時間を守り、社員に充分なプライベートを保障することは、雇用主として社員の健康や幸福度をアップさせることになります。理由1と合わせて、以下のように書くこともできます。

Also, the employers’ efforts to reduce long working hours help improve the well-being of their employees: the workers will be able to balance their work and family more easily.

・well-being 福祉、幸福

予想点数

内容 3/4
構成 3/4
語い 3/4
文法 4/4
合計 13/16

fosterさん、

コンパクトかつストレートに書いた方が、より論点が伝わりやすくなります。的確なボキャ選びなどを工夫してみてください!(^^)!

ありがとうございました。

ランキング参加中♪


にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

記事の更新をメールでお知らせ(^^♪

記事の更新をメールでお知らせ(^^♪ ぜひご登録ください

スポンサーリンク