2020年度第1回検定 英検一次試験解答速報から分かるライティング問題の傾向

皆さん、こんにちは。

2020年6月28日に2020年度第一回検定が実施されました。コロナ禍の中の受験、お疲れ様でした。通常は金~日の3日間にわたって実施されるので、速報には3日分の問題が掲載されます。今回は1日分だけですが、ライティング問題の傾向を見ていきたいと思います。

2020年度第1回検定 出題トピック一覧

※解答速報から予想した内容です。実際の出題内容とずれているかもしれません。ご了承ください。

1級 日本のアジア諸国とより強い関係を築くべきか?
準1級 地方自治体は観光名所を作るべきか?
2級 人間の寿命はもっと延びると思いますか?
準2級 朝食を毎朝食べるべきですか?
3級 将来、海外で勉強したいですか?

【総評】社会・健康・経済関連のトピック

正統派のトピックが並びました。今回は社会や健康、経済がテーマのトピックが多かったように思います。級別に見ていきましょう。

【3級】留学トピック

将来、海外で勉強したいですか?

3級はいつも個人の好みや好き嫌いに関することが質問されます。今回は海外で勉強したいかどうかが問われたようですね。

模範解答では「将来オーストラリアで勉強したい」。その理由は友達、野生動物、美しい自然。とてもわかりやすいですね。この模範解答のように、できるだけ具体的に書くのが高得点のコツです。

留学に関するトピックは3級、準2級で頻出です。こちらの記事もよく読まれています。

海外留学は役に立つと思いますか? 英検2級・準2級ライティング予想問題

【準2級】予想ドンピシャ健康トピック

朝食を毎朝食べるべきですか?

朝食を食べるべきかどうかはこのサイトで過去にとりあげました。読んでくださっていた方はおめでとうございます♪

朝食については専門家でも意見が分かれるところで、だからこそ英作文のトピックとしてはいろんな書き方ができます。

模範解答では「朝食を抜くとパワーが出ない」というエネルギー面と、「朝食を通じて人とコミュニケーションが取れる」と書かれています。そんな優雅な朝食いいですね!

反対意見も書きやすいですね。朝は時間がないとか、2食でも人間は生きて生けるとか。

こちらの記事もどうぞ。

英検®準2級の英作文が、簡単に書けるテンプレート 朝食は毎朝食べるべき?

【2級】人生100年時代のトピック

人間の寿命はもっと延びると思いますか?

寿命がもっと延びるかどうかのトピックでした。模範解答では、医学技術の発展と人々の健康志向の高まりが理由に挙げられていました。

若い学生の方々は書きやすかったでしょうか。私のように人生後半に入っている人間には、すごくしっくりくる内容です。

「人生100年時代」というのは日本だけで言われているのではなく、BBCなどでも記事になっていました。現在10代、20代の世代は「人生120年時代」になるかもしれません。

年金についての英作文はこちら

定年は引き上げるべき?反対の解答例 英検準1級ライティング予想問題

【準1級】地元産業に関するトピック

地方自治体は観光名所を作るべきか?

準1級はツーリズムに関するトピックでした。英検のトピックの特徴のひとつが「地元経済」です。身近な社会問題として、地元の経済や社会にメリットがあるかどうかがよく問われます。

観光業はここ10年ほど日本の地元経済の大きな柱でした。日本政府は「2020年訪日外国人旅行者数を4000万人に」という目標を掲げていました。2019年度の訪日客は3188万人で過去最高。「2030年には6000万人」という目標すらありました。右肩上がりだったツーリズムの地元経済への貢献はとても大きなものでした。

今回の模範解答ではコロナ後の世界については触れられていませんでした。国内での観光業の盛り上がりへの期待が込められているのかもしれません。

オリンピック延期とともに頓挫?IR(リゾート施設)開発についての英作文

カジノは日本社会のためになる? 英検準1級予想問題と英作文例(賛成)

【1級】アジアの時代に関するトピック

日本のアジア諸国とより強い関係を築くべきか?

1級は「アジア」のトピックでした!書いてみたら~アジア~♪(PUFFY風?)

これまでアメリカとの関係などがトピックになることが多かったのですが、やはり時代はアジアです。

模範解答は、アジアとの連携で日本の将来の不安を解消(労働力、国際危機など)、自由貿易で経済成長を促進…最近のEUなどを見るとそんなうまくはいかないだろうけど、そうだったらいいのにな~という内容になっています。

ここで本を紹介します。昨年のベストセラーで教育系ユーチューバーさんたちがこぞっておすすめしている本「FACTFULLNESS」です。

この本は、思い込みを捨てて世界を正しく理解しようという内容。私はまだ半分しか読んでいないのですが、私が衝撃を受けた内容があります。それは、世界の人口分布の実際の数が自分のいままでの思い込みとまったく違うのです。

ネタバレになるので、正確な数はご自身で読んでいただきたいのですが、世界人口に占めるアジアの割合がかなり大きいのです。数だけで言うと、世界のマジョリティはアジアなのです。

北米よりもヨーロッパよりもアフリカよりもでかいのはアジア。数はパワーです。課題だらけではありますが、近隣諸国と手をとりあってこれからの時代を生きてポジティブに歩んでいきたいですね。

気になったら読んでみてください

FACTFULLNESS 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

二次試験対策はこちら

https://morinho.net/category/interview/

ランキング参加中♪


にほんブログ村

【英検®2級・準1級】日本の学校は9月入学にシフトすべき? 英作文例 (反対)

みなさん、こんにちは。

予想トピックで英作文を書いてみる企画です。トピックは「9月入学」。前回は賛成サイドの英作文をご紹介しました。

今回は逆サイドの反対英作文例を書いてみます。

日本の学校は9月入学にシフトすべきか

「9月入学」に反対する理由

・9月入学は世界のスタンダードではない(韓国・オーストラリアなど)
Not all countries start their school year in September.

・日本は日本のルールでやればよい
Japan should be proud of having its own rules.

・変更によって不便や混乱が起こる。入試、就活など。
The shift would cause a lot of inconvenience and confusion. for example, entrance examinations and job hunting.

以上をもとに英作文を書いてみました。

英作文例(2級:80-100語)

I do not think Japanese schools should start in September. There are two reasons why I think so.  

First of all, not all countries start their school year in September. For instance, South Korea start in March and Australia start in February. Each country has its own rules. Therefore, Japan should be proud of having its own rules.

Secondly, the shift would cause a lot of inconvenience and confusion. For instance, the schedule of entrance examinations and job hunting have to change.

For these reasons, Japanese schools should not change the start of the school year from April to September. (100語)

対訳:日本の学校は9月入学にすべきではありません。理由は2つ。
まず、すべての国が9月はじまりなわけではない。例えば韓国は3月、オーストラリアは2月だ。各国にはそれぞれのルールがある。日本は日本のやり方を誇るべきだ。
2つめの理由は、変更によって不便や混乱が起こる。例えば、入試や就活スケジュールを替えなければならない。
以上により、日本ば学期の始まりを4月から9月に変更すべきではない。

英作文例(準1級:120-150語)

Some people argue shifting the start of the school year to September can accelerate the Japan’s globalization. However, I believe it will only bring disturbance and confusion into our society.

First of all, not all countries start their school year in September. While major countries such as the US start their school year in September, others don’t. For instance, South Korea starts in March and Australia in February. Each country has its own rules. Therefore, Japan should be proud of having its own rules.

Secondly, the shift would cause a lot of inconvenience and confusion. Currently, entrance examinations are being held in winter, but it has to be shifted to spring. Official competitions and events for students have to be rescheduled as well as job hunting schedules.

Taking these reasons into consideration, we should not change the start of the school year to September.
(144語)

対訳:学期の始まりを4月から9月へ変更すれば日本のグローバル化が加速すると言う人もいるが、ただ社会に混乱をもたらすだけだ。
まずすべての国が9月はじまりなわけでない。アメリカなどの大国は9月はじまりだが、他は違う。例えば韓国は3月、オーストラリアは2月だ。各国にはそれぞれのルールがある。日本は日本のやり方を誇るべきだ。
2つめの理由は、変更によって不便や混乱が起こる。現在、入試は冬に行われているが春にシフトしなければならない。公式戦などのスケジュールも変更しなければならない。就活スケジュールもだ。それらを考慮すると、日本の学期を9月に変更すべきではない。

いかがだったでしょうか。

賛成、反対、両方の意見を比べてみてください。

【英検®2級・準1級】日本の学校は9月入学にシフトすべき? 英作文例 (賛成)

みなさん、こんにちは。

予想トピックで英作文を書いてみる企画です。今回は教育カテゴリの「9月入学」を取り上げます。

日本では4月に入学式があるのが当たり前です。でも、世界的に見ると入学時期はいろいろです。アメリカなど、秋入学の国が多く、その他にも2月や5月など、その国の事情に合わせて、学校制度は様々です。

日本でもこれまでに何度か秋入学が検討されたことがあります。日本の学校も世界のメジャーな国に合わせて9月にすべきでしょうか。この問題で英作文を作ってみましょう。

日本の学校は9月入学にシフトすべきか

「9月入学」に賛成する理由

・世界では9月入学の国が多い。(アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国)
A school year in major countries starts in September

・日本の学生が留学しやすくなる
Japanese students can study abroad more easily.

・日本の大学も留学生を集めやすくなり、経済に良い影響がある
Japanese universities would be able to attract more international students easily. It has a positive impact on the Japanese economy.

以上をもとに英作文を書いてみました。

英作文例(2級:80-100語)

I think Japanese schools should start in September. There are two reasons why I think so.  

First of all, in major countries the school year starts in September. Those countries include the US, France and China. If Japanese schools start in September, Japanese students can study in those countries more easily.

Secondly, it is also good for Japanese universities. They can attract more international students. Their revenue will increase and it has a positive impact on the Japanese economy.

For these reasons, Japanese schools should change the start of the school year from April to September. (96語)

対訳:日本の学校は9月入学にすべきです。理由は2つ。
まず、メジャーな国では9月入学が多い。これらの国はアメリカ、フランス、中国など。日本も9月入学にすれば、これらの国へ留学しやすくなる。
2つめの理由は、日本の大学にも良い。日本の大学は留学生を集めやすくなる。収入が増え、日本経済にも良い影響がある。
以上により、日本も学期の始まりを4月から9月に変更すべきだ。

英作文例(準1級:120-150語)

There is no denying that shifting the start of the school year from April to September would cause confusion and disruption. However, the change has a positive impact on both students and schools.

First of all, more students would be encouraged to study abroad. An academic year in major countries starts in September. Such countries include the US, the UK, France and China. If Japanese schools start in September, Japanese high school students would be able to go to college in those countries without wasting time. Students exchange programs would also be conducted more smoothly.

Also, Japanese colleges would be more competitive for international students. If they can attract more excellent students internationally, it will help globalize Japanese educational system. It would also stimulate the industries and contribute to revitalization of the Japanese economy.

Taking these reasons into consideration, Japanese school year should start in September instead of April. (148語)

対訳:学期の始まりを4月から9月へ変更すれば、混乱が起こることは否定できない。しかし、その変化は生徒、学校ともに良いインパクトをもたらすだろう。
まずより多くの学生が留学しやすくなる。メジャーな国では9月スタートが多い。アメリカ、イギリス、フランス、中国などが含まれる。日本が9月スタートになれば、日本の高校生はこれらの国の大学に、時間をムダにすることなく行くことができる。交換留学制度もよりスムーズに行われるだろう。
また、日本の大学も留学生に対してより競争力が増す。優秀な留学生を惹きつけることができれば、日本の教育システムをグローバル化することもできる。また産業を刺激し、日本経済の復活に貢献できるだろう。
それらを考慮すると、日本の新学期は4月より9月にすべきだ。

次回は反対英作文例をご紹介します。

Good luck!