step by step♪英検2級ライティングに挑戦(2)賛成・反対を決定 学生は部活すべき?

予想問題を使って一緒にライティング問題に挑戦してみましょう。

前回の記事で、

TOPICを確認したら、まず賛成か反対かを決めることをお伝えしました。

1次試験本番まで1か月少しになりました。 そろそろ、ライティング準備に取りかからなければ(笑) 予想問題を使って一緒にラ...

また、賛成か反対かを決めるには、POINTSをヒントに使うと良い、ことをお伝えしました。

では、POINTSをどのように使えばよいのかを本日お伝えします。

まずはトピックをおさらいです。

英検2級ライティング予想問題

TOPIC

A lot of students do club activities at school. Do you think this is a good idea?

POINTS

experience

●friends

●study

POINTSは3種類に分類できる

このように「学生は部活をすべきか?」というお題で、

POINTSは

●経験

●友達

●勉強する

の3つが与えられています。

POINTSはたいてい、

・賛成向き

・反対向き

・どちらにも使える

の3種類があります。

今回の例だと、次のようにふりわけられます。

●経験:どちらでも使える

●友達:賛成向き

●勉強する:反対向き

理由は2つ必要なので、3つのPOINTSの中から使いやすそうな2つを選び、エッセイの流れを頭の中でおおざっぱに作ります。

賛成・反対の両方の流れをざっと作ったら、どちらが自分にとって書きやすいかで決めます。

自分の本当の意見と逆の方でも構いません。(ただの英語のテストなので、割り切ってOK)

以下、POINTSを使って、賛成・反対の流れを作ってみます。(今回はわかりやすいように日本語で作りますが、できれば最初から英語で考えてみましょう)

賛成

1.部活を通じて、様々な経験ができる

2.部活で一生の友達ができる

反対

1.部活が忙しすぎて、他の貴重な経験ができない

2.部活と勉強の両立はものすごく難しい
賛成・反対のどちらが書きやすいでしょうか。

どちらかが正解なんてことはないので、書きやすい方で決めてOKです。

さて、賛成か反対かが決まったら、実際に英作文を書き始めます。

英作文には決まった書き方のルールがある

さて、作文に取り掛かる前に知っておくべきことがあります。

それは、

英作文には書き方のルールがあり、それを知らないと高得点は取れない、ということです。

合格英作文のルールとは???

それについては、次回お話ししますね。

ランキング参加中♪
にほんブログ村

こんにちは。モリーニョです。ネット、リアル共にsocializeが苦手な英語講師。犬も大好きな猫派。通勤途中、野ガモや川鵜のファミリーに癒さ…
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク