学習を自動化するためのスケジュール作り【モリーニョ英検1級再受験への道】

あとむさんによる写真ACからの写真

こんにちは。

英検1級再合格に向けて学習を始めたモリーニョです。

モリーニョが1級再チャレンジに至った経緯についてはこちらをどうぞ。

モリーニョは英検1級に再チャレンジします!どうしてもう一度合格を目指すのか?どうやって勉強するのか?公開します。

さて、今日は私が今回どのような学習計画を立てたかをお話したいと思います。

私はフルタイムではないけど仕事もしているし、日本語講師養成の学校にも週一で通っていてそのための準備もあるしであまり時間がありません。またサボりやすい性格も加味すると、英検の学習を日常生活の中にストレスなく組み込む仕組みづくりが絶対必要であると考えました。

つまり、学習の自動化です。

毎日3食ごはんを食べるように、自然に学習ができてしまう仕組み作りを考えました。

学習自動化のためには次の2つの点を決めなければなりません。

①いつ勉強するか

②何を勉強するか

①は学習スケジュール作り、②はメニュー作りです。

今回は①のスケジュール作りについて書きたいと思います。

学習を自動化するスケジュール作り

スケジュールを考える際、次の2つの選択肢が思いつきました。

1.時間割を作る

2.セットを作る

結果を先に言うと、私は2のセットを作る、方でやってみることにしました。その方が私にとってストレスが少なくて済みそうだと思ったからです。

1の時間割を作る方は、時間割をキチンとこなせる自信のある人には良い方法だと思います。

私が2の方を採用した理由を以下に続けます。

時間割を作る とは

時間割を作るということは、「〇時〇分~〇時〇分 パス単をやる」みたいな感じで、一日の学習スケジュールを立てるということです。

最近よく耳にする「パーソナル英語トレーナー」さんなどが作ってくれるのはこれかと思います。

知り合いでこのようなサービスを受けていた方に話を聞きました。

最初に仕事とプライベートのスケジュールを徹底的に分析し、学習できる時間帯を洗い出してタイムテーブルを作るそうです。メニューも作ってもらい、それがきちんと遂行できるようにトレーナーさんがLINEなどで叱咤激励してくださるのだとか。

もしそんなトレーナーがいてくれたらこの案は良さそうですが、私は一人でやります。それに私の性格上「〇時〇分に…」と決まっていると、その時間に向かって緊張し、イヤな気分に悩まされそうです。また、予定通り出来なかった時に落ち込んでさらにやりたくなくなるのが見えています。

時間割はナシだと思いました。

セットを作る とは

対して、セットを作る方を採用すると、次のようになります。

例えば1セット15分と決めると、一日の中に1セット15分の学習を何回か入れていくことになります。

朝、通勤中の電車の中でNHKビジネス英語を15分

昼、昼ご飯を食べた後パス単を15分

夜 寝る前に英作文の参考書を音読

のように、空いている時間に短い時間の学習を放り込んでいきます。いつするかは特に決めず、できる時にします。理想的には毎日1~2時間の学習時間が確保できるように複数セットをこなすようにします。

1日をブロックに分け、使い方を考える

このセットを思いついたのは、数年前にたしかTEDで見たある方のプレゼンがオリジナルになっています。

プレゼンターの名前を忘れてしまい、今回一生懸命探したのですが見つけられませんでした。しかし、覚えている内容は次のようなものでした。

24時間を分に直すと1440分。それを10分単位で分けると、1日は144個のブロックの塊のようなものだと考えることができる。

1日の過ごし方とは、その144個のブロックをどのように使っていくか、である。

例えば、親友とのランチに3個のブロックを、花に水をあげるのに1個のブロックを、大好きな本を読むのに4ブロックを…というように、そのブロックの使い方であなたの人生はできている。

ブロックの使い方次第であなたの人生は変わるのだ。

…というような内容だったと思います。(かなり前なので間違っているかも)

その時、すごくいい話!と感動したことは覚えているのですが、その後それを実践してみるようなことはありませんでした。

今回スケジュール作りをするのにこの話を思い出して、一日をブロックに分ける考え方を取り入れて、セット学習をブロックとして一日のスキマ時間に放り込んでいけばよいのでは、と考えました。

1セットは何分が理想? 10分?20分?30分?

では、1セットは何分で設定するのがよいのでしょうか。

最初10分で考えてみました。でも10分は短いですよね。気分が乗る前に終わってしまいそう。

じゃあ、30分はどうでしょう。30分ってちょっと長いかも。昼休みが1時間なのですが、そのうち30分を集中して勉強に使えるか?…ちょっと自信ないかも。

じゃあ、20分は?20分くらいなら集中もできて、ある程度の分量をこなせるからちょうどいいかもしれない。また、用事があっても20分なら用事の前にさっとやってしまうことができそうです。

図らずもこのブログのタイトルと同じく20分1セットが適当ではないかと思い至ったのです。

ということで、20分1セットにして、スキマ時間にちょこちょこ学習していくスタイルを採用することに決めました。

1日4セットが理想

ためしに1週間やってみて、1日4セットが理想的だと感じました。

朝・昼・晩に各1~2セット、合計4セットこなすと

20分x4=80分

1日80分勉強できます。

やや短く感じられるかもしれませんが、20分間は集中してノンストップでやるので、思ったより内容は濃いです。

1時間などとしてしまうと、途中でかならずユーチューブを見てしまったり、LINEをチェックしてしまったり、お茶を作りに行ったりで中断してしまいがちですが、キッチンタイマーで20分間測りながらだと本当に全部を学習に使えます。

また、セットごとに違う教材をするので飽きもこないし、いろいろなスキルを学習できます。

これまであまりシステマティックに勉強したことがない私ですが、今回はなかなかよく考えたと自画自賛です。

これを何週間か続けていけば、だいたいの学習時間が固定化されていき、もしかすると時間割化することが可能になるかもしれません。とにかく初めのうちは空いた時間に20分をぽんぽん放り込むスタイルで1日3~4セットをこなすことを目標にやっていこうかと思います。

手書きの適当な表ですが、こんな感じで一週間やりました。ピンクのマーカー部分がセットをこなした部分です。1週間で合計9時間の学習でした。

どんな教材、どんな内容を学習するか?

スケジュールに関してはセット化することで自動化することができました。

では、どんな教材を使うのか。何を学習するのか。つまりメニューの内容についてはどうするのか。

それについては、次回の記事でお話します。

ランキング参加中♪


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mikan より:

    ご無沙汰しております、準1級合格時にはお世話になりました、mikanです(子供のkomikanも、引き続き記事を参考にさせて頂いて先日2級に合格しました!)

    久しぶりにブログを訪問し、モリーニョさんが1級にチャレンジ!!されたと知ってビックリしましたーまた、学習計画も公開されて頑張られているお姿にリスペクトしかありません私は、しばらく受験を避けていましたが、勇気を頂いた気がします。お仕事も子育ても家事もあり、大変だと思いますが、応援しています!ブログも楽しみにしてますね( ⸝⸝⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝⸝ )