Amazon キンドルで【ほぼ無料で】英検を勉強しよう Kindle Unlimited

みなさん、こんにちは。

英検の勉強のために参考書や問題集を使っていますか?

英検と言えば、旺文社の「全問題集」シリーズなどがよく知られています。公式問題集的な位置づけで人気ですが、お値段が少し高めです。何冊か揃えるとそれなりのコストがかかります。

そこであまりお金をかけずに勉強したいという方のために、安価でも使える参考書を探してみました。

今回注目したいのはアマゾンのキンドル本です。キンドル本とは、アマゾンで取り扱われている電子書籍のこと。このキンドルのすごいところは、キンドル・アンリミテッド(Kindle Unlimited)というサブスクリプションサービスに加入していると、それに対応している本が読み放題になること。定価で買えば1000円ほどするような本でも、アンリミテッド対応なら0円で読めてしまうのです。キンドルアンリミテッドの月額が980なので、2冊読めばほぼ元が取れる計算です。

実はこのキンドル本の中に英検対策本が意外に多いのです。私も1冊出版しています。

そこで本日は、英検の勉強に役立つアンリミテッド対応本をご紹介します。どんどんダウンロードして、英検の直前対策などにお役立てください。

英検®準1級ライティング 頻出テーマ 使いまわせる表現22

この本は英検2級・準1級・1級のライティング問題で使いまわせる文やフレーズを紹介しています。ここで紹介されたフレーズをうまく組み合わせれば、英検ライティング問題があっと言う間に書ける(かもしれません)。紹介されているフレーズはどれも汎用性が高く、かなり使えそうです。

私が気に入ったのはNo.6のフレーズで、まるごと覚えておけば情報化社会、グローバル化などのトピックが出ても楽々英作文が書けそうです。

2級用の練習問題が3こ、準1級用が6こ、1級用が3こ、大学入試用が2つあるので学生さんにお得です。

【音声ダウンロード付】世界一わかりやすい英検準2級の英単語

スタディサプリで大人気講師、関正生先の英検準2級英単語集もキンドルなら読み放題対象です。紙バージョンだと定価1540円なので、これ1冊でも元が取れます。

音声ダウンロードありなので、それだけでも価値大。英検2級もあります。通勤・通学時の聞き流しにおすすめ。

小学生の英検®3級合格トレーニングブック

小学生のための「英検®合格トレーニングブック」シリーズ。紙の本をそのまま電子書籍化しており、絵がたくさんあって小学生の英検学習にぴったりだと思いました。ただ、イラスト満載の凝ったレイアウトなので、スマホはちょっときつい。タブレットがあるといいですね。

英検の詳しい説明から始まり、合計22ユニットで様々なシチュエーションで語彙から文法まで全体的に学べます。予想問題も二次試験対策もあるし、リスニング問題用の音声もダウンロード可能。3級受験にはこれ1冊で十分だと思います。紙版は1760円。

英検準1級必勝合格問題集:絶対合格したい人のためのスパルタ式

英検準1級ライティング問題の英作文の書き方を指南した本です。本ブログと内容的には似ていて、勝手に親近感を感じてしまいました。

でもこの本はとてもユニークです。何がユニークかと言うと、今持っている知識とデータとフル活用して、最小限の努力で英検に合格してしまおう!というメッセージ満載です。

この本で提案されているのは、ひとかたまりの例文を暗記してしまい、どんなトピックが来てもその例文の語彙を入れ替えることで、同じ形式で書いてしまうというもの。私もテンプレートの使用をおすすめしていますが、テンプレートよりもさらにがっちり文の流れまでも再利用して、最小限の努力で英作文の体裁を整えることができるように考えられています。

どこを入れ替えれば自然な英文になるか、それが分かるためには英語力が必要なので、簡単にはいかないかもしれませんが、試験対策として有効だと感じました。著者のRYAN Kさんは2級・準2級の「最短合格法」シリーズも出版されているので、ぜひご一読ください。

新形式対応版 英検2級WRITING トレーニング

英検ライティング問題の解説本シリーズ。3級~準1級まであります。こちらのシリーズはライティングの書き方がとても詳しく説明されています。もともと学生に配る説明資料だったそうで、語り口調で書かれているので読みやすいです。

練習問題も8個分あって、YES/NO両サイドの解答サンプル付き。練習問題が欲しい人はぜひダウンロードしてください。

英検準1級語彙 完全予想問題集(25問X4)

英検準1級の語彙問題(大問1)の予想問題がどどーーんと100問。本番は25問あるので、大問1の模試4回分です。ご存知のように英検は語彙比重が大変高い試験です。ボキャを制すれば合格へぐぐっと近づきます。本書は1ページ1問。次ページに答え。という大変シンプルな作りなため、直前に1つ目からざざーっと語彙力確認チェックするのに便利です。スマホにダウンロードして、単語帳感覚でフリップしながらチェックするのに便利そう。

日向清人の英語雑記帳(3):話す英語と書く英語の実際

本書は英検本ではありませんが、英検準1級以上を受験される方には参考になるのではないかと思って取り上げました。日向清人先生は多くの英語学習関連書籍を出されており、私もいつも参考にさせていただいています。直接というかオンラインでライティング添削をしていただいたこともあり、その時の英作文は今まで書いたことがないようなほれぼれする自然な英文でした。

過去記事:感染拡大予防と経済活動 どちらを優先すべき?【英検1級ライティング予想問題】

で、英文を書いていていつもとても困ってしまうのが、書き言葉と話言葉の違いです。会話ならだけどライティングの時はダメ、ということが往々にしてあります。でもなぜダメなのかよく分からない。そういう会話とライティングの違いが本書には書かれています。

英検1級を超えて、それ以上を目指す方にとっては必要になってくる感覚です。「英会話とはなんぞや その6(完):英会話はどこが特別なのか、ライティングとどう違うのか」をどうぞお読みくださいませ。

英検®準1級ライティングが25分で書けるようになる本

最後に拙著も宣伝させていただきます。ブログに書き溜めた記事をリライトしたものです。テンプレートと、英検準1級ライティングの練習問題が全部で5問。各トピックについてYES/NO両サイドの英作文例がついています。

  • 練習問題1 食品廃棄問題
  • 練習問題2 ホームスクーリング
  • 練習問題3 貧富の差
  • 練習問題 4 夫婦別姓について
  • 練習問題 5 日本の労働時間について

毎日誰かが読んでくださっていて密かに嬉しいなあと思っています。まだレビューがないので、気に入ってくださったら、レビューをつけてくださると嬉しいです。

8冊の本をご紹介しましたが、いかがでしたか。ぜひ活用していただけると幸いです。